友人が質屋に行きたいというので、一緒についていくことになりましたが、もしお金を借りる場合、質屋と通常のキャッシングではどのような違いがあるのでしょうか?最近ではキャッシングするのも簡単になり、利用している人も多いと思います。

その点も気になったのでインターネットで調べてみました。

質屋は商品を預けてお金を借りるもので、その商品が担保となります。

もし返済できない場合、預けた商品の所有権は、質屋に移るので預入した人の年収や返済能力などは、関係なくお金を借りることができます。

キャッシングの場合は、いくら簡単に気軽に借りることができるようになったとはいえ、やはりその人の職業や年種、返済能力などの審査が行われ、その審査に通ってはじめてキャッシングが可能となります。

そのしくみが一番ちがう部分ですね。

また、キャッシングの場合は、お金を借りたという履歴が、信用情報機関に残ります。

返済できなかった場合は、督促や取り立てが来るということになります。

もし返済できなかった場合は、信用情報機関にブラックリストとして残ってしまうので、あらたなキャッシングができなかったり、クレジットカードなども審査に通らないということもあります。

利息の率は質屋のほうが高いようですが、何らかの理由でキャッシングが利用できない、いますぐに現金が必要などという場合は、質屋が便利だということになりますね。

しかしながら質屋を利用するには、預けるものが必要になってきます。