質屋は基本的に、商品を担保にお金を借りるというしくみですが、最近では買取をしてくれる質屋も多いようです。

数年前からリサイクルブームが訪れ、リサイクルショップなるものがたくさんできています。

リサイクルショップは、家電から家具、洋服、時計、宝石、宝飾品など多くの種類があります。

私も、1人暮らしを始める時は、家電や家具、食器などはほとんどリサイクルショップで揃えました。

そんな時代背景から、質屋でも買取をしたり、また質流れ品や買い取った商品を販売するというところも増えています。

質屋を営業するには、各都道府県の公安委員会の許可が必要なのだそうです。

質屋を利用するにあたっては、友人も私も質屋に関する知識がないので、そのお店が許可があるのかどうか、適正な価格で取引しているのかどうか、事前に調べておくことも必要ですね。

ところで気になるのは、友人がもらったブランド物のバッグの査定です。

一度も使っていなく、新品タグもついたままですから、買取額はかなりいいのではないかと思います。

そこで、インターネットで質屋での買取相場を調べてみました。

ある質屋のサイトでは、商品の状態を4つのランクに分類していました。

新品、新品同様、中古良品、中古品の4つです。

新品は購入してから製品のデザインなどの仕様が新しく、まったく使用されていない状態のもので、新品同様は、これも新品と同じでまったく使用されていない状態ですが、保管による若干の型崩れや色やけがあるものだそうです。